ブログ

Blog

知らなきゃ損するフォニックスを学ぶ理由とは?

知らなきゃ損するフォニックスを学ぶ理由とは?

こんにちは、DiceKです。皆さん、フォニックスを学ぶ理由をご存知でしょうか?

フォニックスを身につけておけば、「中学校で導入される高頻度の名詞の80%を発音することが可能」

とも言われていますし、私も同感です。

フォニックスを習得すると、
・英語に対する理解が深まる
・英語に対する向上心が上がる
・スペルを覚える負担が減る

などなどのメリットがあります。なので、今回は実際にフォニックスを教えている私が、フォニックスを学ぶ理由をまとめました。

フォニックスとは

基本的な綴りのルールの指導法と言われています。英語の読み方は、日本語と違い非常に不規則です。

A、B、Cは文字の名前なのですが、appleをエイピーピーエルイーとは読みません。

綴りのルールを知らないと、英語を読むことはできないのです。そのための指導法がフォニックス(Phonics)とアメリカやイギリスでは呼ばれています。

英語が苦手になる理由は英語の不規則さ

子供が最初に英語が苦手になる理由は、英語の文字の名前と音が結びつかないのが理由でしょう。A B C D Eと、一番最初の中学の授業で教えられますが、これを覚えたところで、文字が読めるかといったらそうではありません。

Appleを、文字の名前で読めるかといったらそうではありません。フォニックスを知らない子どもは、Appleをそのまま記憶するしかないのです。

子供の覚える負担としては、

  • 音の記憶
  • 文字の記憶
  • 意味の記憶

をしないといけません。フォニックスも教えずに、いきなり文法から英語を教えるため子供がどんどん英語が苦手になるのです。

フォニックスを指導する前に重要なこと

フォニックスを指導する前に重要なことは、十分なインプットを既にしている。英語の

フォニックスを勉強する理由は3つ

フォニックスを勉強するベネフィットは3つと言われています。

  1. 英語に対する理解が深まる
  2. 英語に対する向上心が上がる
  3. スペルを覚える負担が減る

これを中心にまとめていきます。

英語に対する理解が深まる

英語に対する理解が深まります。フォニックスでは、英語の綴りを教える指導法です。英語の綴りさえわかれば、他の単語も二分の一の力で覚えれるようになります。

英語に対する向上心が上がる

読める単語が増えていけば、自ずと英語に対する向上心が上がります。単語がスムーズに読めるようになれば、次は描けるようにもなります。

わからない単語に遭遇した時に正しく発音できれば、「できた」という実感しさらなる向上心につながります。

スペルを覚える負担が減ります

読むことさえできれば、スペルを覚える負担が減ります。ルールを身に付けているので、感覚として次にどの単語が来るかを予想することができるようになります。

まとめ

フォニックス単体として捉えるのではなく、あくまでも英語学習の一部として見てください。フォニックスをやる事で、いろんな学習を手助けするツールになります。