ブログ

Blog

多読が子どもの英語学習において最強である理由

多読が子どもの英語学習において最強である理由

世の中には色々な英語の「勉強法」や「学習法」があります。英語学習法がありすぎて1番の英語の学習法を見つけるのは困難だと思います。

筆者も英会話教室も通っていましたし色んな学習法を試しました。ですが、留学するまでは全てボロボロ。(笑)

英語を勉強していた頃は本物の英語力はこれぽっちもありませんでした。当時はYoutubeで英語の勉強法などを教えてくれる人もいなかったし、Youtubeは存在していましたが、見る習慣もありませんでした。

今回のブログでは、

  • 英語力が無くても教えることができる勉強方法
  • おうちでも子どもに英語を教えることができる勉強方法
  • 子どもも楽しめる勉強方法

これを全て含むのが多読学習です。今回は「多読学習」と格安かつ無料でも出来る英語多読学習について詳しく説明していきます。

多読学習とは?


多読学習とは字のごとく多く読むということです。分からない単語があってもどんどん読み進めていきます。子どもの場合は「絵」を多様している絵本などを読み進めて行くことで自然と英語がわかるようになります。

特にディズニーなどの多読コンテンツは子どもでも入りやすいので、「英語の勉強している」という感覚ではなく、「英語でコンテンツ」を楽しんでいるという感覚で英語を学ぶ事ができます。

多読学習が英語学習でコスパが最強な理由

多読を英語でするだけで、子どもの英語力がこれだけ伸びます。

  • 英語の語彙力
  • ライティング力
  • リーディング力
  • 学習意欲向上
  • 文法力向上
  • 英語嫌い削減
  • 発音&イントネーションが上手くなる

これは、点数とかではなく英語のリアルなスキル。なので、もしお子さんが一度多読をマスターしてしまえば大人まで役に立つスキルになりますね。

多読3原則を知っておこう!

子どもに多読をさせる際に気を付けない事があります。それがNPO法人の多言語多読が発表する多読三原則です。

  1. 辞書は引かない
  2. わからない所は飛ばす
  3. 合わないとおもったら投げる

出典:https://tadoku.org/english/three-golden-rules/
合わないとおもったら投げるは本を投げてはダメですよ。(笑)子どもに違う本を選ばせてあげてください。知らないうちに自分に合った本を取っているはずです。

多読学習とは?子どもの英語学習に凄く役立つって本当?

何歳から多読を英語で始めれる?

何歳からでも大丈夫です!2歳ぐらいで言葉がだんだんとわかり始める頃がおすすめ。逆に年齢が上がってくると、母語フィルターがかかり英語がすんなりと入ってこなります。

なるべく早めに”英語を修得する黄金期”(2歳~12歳)までに多読学習を取り入れると良いですね。

多読で子ども達の英語脳を鍛える

英語脳とは・・・

英語脳とは英語を英語で考える力です。英語が脳に入って来た時に、日本語に翻訳せず、英語のまま理解出来るようになります。

簡単な本から多読を続けていくことで、読み進めていくうちに、英語を翻訳するのではなくそのまま英語を見ただけで子ども達は理解出来るようになります。

特に、絵本などは絵本の中の「絵」と「わかる単語」から意味を連想させて理解する子が多いです。

多読が子供におすすめな5つの理由

私が思いつく限りでは、多読学習は5つのメリットがあります。

  • 試験対策
  • 英語力全般アップ
  • 英語嫌いがなくなる
  • 英語を話す意欲が向上
  • 視野の拡大・外国文化に対する理解

それぞれをわかりやすく説明します。

センター試験対策

国立大学の「大学入試センター試験」は、2020年度から「大学入学共通テスト」になります。もちろん外国語も内容が少し変わってきます。

外国語(英語、ドイツ語、フランス語、韓国語、中国語)は「聞く・話す・読む・書く」の4技能が測られるようになり、英検®やTOEIC® L&Rテストなど民間試験の中から活用が採用される事になりました。

TOIECや英検では、時間内に問題を解くスキルが求められます。特に長文問題は、リーディングスピード&理解力が必要!楽しく多読学習を継続する事で試験対策が他の学生よりもグーン楽になりますね!

英語力全般がアップ

読む、書く、聞くがアップ!授業の仕方によってはスピーキングも伸びます!

Pearsonの教材をリーデング教材を使うと後ろに演習問題があるので一度確認してみてください。

それをもとに子ども立ちに質問を投げかける事で、英語が自然と出てくるように。子どもの絵本とかであれば、そこまで英語が出来なくても、英語力の心配はないですね。

子どもの英語嫌いがなくなり英語を話す意欲が出るように!

これは、凄く大事!正しく多読すれば、子どもたちはだんだんと自信がついてきます。

知識がついた子ども達は「英語を早く発表したい」「お父さん&お母さんに英語教えてあげたい」など、英語を話す興味が自然と沸いてくるようになるでしょう。

視野の拡大・外国文化に対する理解が増える!

本は(特に英語で)色々な海外での文化や習慣を教えてくれます。なぜなら、本には数えれないほどのストーリーがあるから。

見慣れない食べ物が絵本にあるだけで、子どもたちは海外の食べ物に興味を持つきっかけとなります。

英語多読をするデメリット4つ

英語多読をするデメリットは4つあります。

  • 英語を習得する即効性がない
  • 正しく行わないと子どもが飽きる
  • 音声が無いと子どもが集中しにくい
  • 多読するには値段がかかる

などなどがあります。さらに、詳しく説明していきます。

英語を習得する即効性がない

多読学習には即効性がないのは確かです。最初は子どもに絵本から読ませ、継続して本を中学、高校生までと読ませて、やっと真の効果が出るものです。

絵本だけで、最低でも100冊を小学生の間に目標としておいたほうが良いでしょう。

正しく行わないと子どもが飽きる

これは本当です。多くの子を教えていますが、4割の子が親に教えられて嫌いになったという子がほとんどです。

無理やり多読学習を子どもに押しつけ、プロに頼まないと、逆に英語が嫌いになってしまうというリスクがあります。

音声が無いと子どもが集中しにくい

これは、大人でもそうだと思います。筆者も、音声が無いと英語の本は集中出来ない事が多いです。音声は自分でも作り出すことが可能です。

「音読するのも良し!」「ネイティブの先生や友達に読んで貰うのも良し!」です。ほとんどの絵本がYoutubeで、あがっていたりするので是非チェックしてみましょう。

多読するには値段がかかる

絵本一個ずつはそう高くないのですが、「多読」と言っているくらいなので沢山本を読まないといけません。1冊1000円で、10冊買うとなると10,000円は普通に超えます。

紀伊国屋書店さんとかであれば英語の絵本をまとめて売っていることもあるのでそれを買ってみるのも良いかも!

多読学習まとめ

今回は、おうちで出来る多読学習についてご紹介致しました。色んな英語の学習方法がありますが、おうちでやるにはこれが一番効率的で楽しいと思います。

電話予約・お問い合わせはこちら

電話番号:080-7759-8635

レッスンのご希望の方は、上記の電話番号へお電話下さい。現在の子供の英語の学習状況について教えて頂き、最も適した学習方法を考えます。

レッスン時間・定休日

オンライン対応可能です。オンライン希望の方は、是非とも080-7759-8635まで、ご連絡いただければと思います。

月曜日:15:30~20:30
火曜日:15:30~20:30
水曜日:15:30~20:30
木曜日:15:30~21:30
金曜日:15:30~18:30
土曜日:13:30~18:00
日曜日:9:30~11:00

アクセス情報

大阪市北区天神橋8丁目9-3

電車でお越しの方へ

電車でお越しの方は、天神橋筋六丁目駅から徒歩10分です。

自転車や車でお越しの方へ

自転車は、建物の前に駐車場がありますので、そちらに停めていただければと思います。車でお越しの方も、17時以降でしたら、スペースが空いていますので、ご自由に駐車ください。空いていない場合は、近くに駐車場がありますのでそちらをご利用ください。

お気をつけてご来店下さいませ。