ブログ

Blog

【ホント&ウソ】多読学習は子供の文法の知識が上がらないのは本当?

こんにちは、Dicekです。保育園で、英会話講師を経験した後独立し子供向けの英会話スクールを経営しています。

今回は、こういった質問に答えていきます。

「小学生や幼児で多読を始めたが、文法力が上がるかどうかを知りたい。」
「中学校や高校でもテストがあるのでそれに役立つかどうかを知りたい。」

多読を始めるお母さん&お父さん方のご質問です。多読が子供の文法力にどう影響を与えるのか、これを詳しく解説していきます。

多読をやっても文法の知識は上がりません

ここで言う文法の知識は、文法の用語(関係代名詞、名詞、動詞)などの用語を覚える事は不可能です。ただし、文法力はあがりますので、心配しないでください。

文法力とは単語の並びを理解すると言う事

ここで言う文法力というのは、単語の並びを理解すると言うことです。言語には必ず語順って言うものがあります。英語は、主語が来た後に動詞がすぐにきます。日本語は主語が来た後に、目的語が来ます。

例えば、
I speak English.(私は 話す 英語を)
の順番と言うことです。これは感覚的にしか身に付けられないもので、暗記では絶対に身に付ける事はできないです。

文法のテストで品詞は聞かれない

文法のテストで品詞を聞かれる事はまずないので、これに関しては心配する必要は無いかと思います。

皆さんの思っている文法は中学校高校で教えてくれる

皆さんの思っている文法は、中学校高校で教えてくれます。日本の英語の先生は、英語を教える先生ではなく、英文法を教える先生です。なので、英文法の知識に関してはあまり心配する必要はないでしょう。

Dicekもcanとcouldの使い方がわからなかった一人

私も、文法だけを勉強している時、canとcouldの使い方が全然わかりませんでした。日本語ばっかりですし、英語を使っているという感覚が持てませんでした。

文法がわからなくても大体の事はできる

文法がわからないと英語ができないと思っているのは日本人だけです。僕ら日本人が、文法がわからなくても日本語しゃべれるように、英語も同じです。

僕も、語学学校で英語を勉強しましたが、あまり文法は重視されていませんでした。重視されたのは、「それが実際に使えているか」って言うことなのでライティングの課題がよく出されました。

多読は文法の応用力をつけてくれる

多読は文法の応用力をつけてくれます。多読は、数多くのあらゆる文章に触れることができます。そんな中で、ネイティブが使う can だけでもいろいろな使い方があり、そのいろいろな使い方に触れることができます。

文法を学んでいても、can の使い方自体1個しか学ぶことができませんが、多読を学んでいればいろんな使い方に触れることができるので応用力が上がります。

文法の知識が必要な人は英語オタクの人だけ

私たち日本人が日本語の文法説明できないように、ネイティブスピーカーでも文法の知識のない人はたくさんいます。そもそも話す時、読むときにこういった文法の知識が必要かと言われるとNOです。

なので正直なところ、文法の知識が鍛えられるかどうかって言うところはあまり重要視しない方がいいかもしれません。

まとめ

今回は、多読をすることで文法の知識が付くかどうかについてまとめました。結論はNOですが、文法力はつきます。

もう少し、知りたい方は第二言語学者の白井教授がおすすめするこちらの本を読むことをおすすめします。